修理に出したダイキンの空気清浄機が戻ってきた

2014年に購入したダイキンの加湿空気清浄機(MCK55PKS-T)のストリーマユニットが上手く動作しないようなので修理に出した。ケーズデンキで購入して、3年の長期保証に入っていたため、見積もり段階では保証の対象になるらしいとの説明だった。

その後連絡があり、ハード的な故障ではなくストリーマユニットやフィルタの清掃不足が原因だったようだ。
その場合修理代が発生するので、引き取り時に支払いをした。

戻ってきたものをみて驚いたのが、集塵フィルターが真っ白。交換されているので当たり前だけど、3年使ってずいぶん違うものだなあと思った。10年交換不要とはよく言うけれども、3~4年くらいで交換した方がいいのかなあ。

関連するエントリ:

Leave a Reply